ABOUT ME

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RANK

tag

ランキング一括投票

おすすめ

LINKS

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    症状が改善されるのは薬で”ごまかしている”だけ

    0
      悪玉菌が及ぼす影響
      ・便秘、下痢
      ・腸や内臓機能の低下
      ・肌荒れ、ニキビ、老化促進
      ・免疫力、代謝の低下
      ・肥満、冷え性
      ・便の臭い、体臭、口臭


      これらの症状が現れたら健康な善玉菌が減っているサイン!
      なんでも薬に頼りがちになっていませんか?

      薬によっては、悪玉菌と戦う良い菌(善玉菌)まで殺してしまいます。
      個人差はありますが、よくわかる例として抗生物質を飲み続けると
      下痢になったりすることがあります。善玉菌が減っているのです。

      気軽に服用できるイメージの便秘薬。
      しかし、便秘薬の服用が習慣になることは望ましくありません。

      一時的に症状が改善されるのは、薬で”ごまかしている”だけです。
      本来カラダが持っている”老廃物を排出する”力が弱まり
      実際、便秘の症状は悪化していく一方・・悪循環です。


      そして腸内環境は、肌とも大きな関係にあり
      腸がキレイになると肌もキレイになります!

      まず、ビフィズス菌を増やしましょう。
      ビフィズス菌の効果
      ・整腸作用、便秘解消
      ・免疫力・健康増進
      ・カルシウム、ミネラルなどの吸収力UP
      ・便の臭い、体臭、口臭の改善


      ビフィズス菌といえば、ヨーグルトですよね。
      市販のヨーグルトは、大半のビフィズス菌が死んでしまっています。
      質の良いヨーグルトを選ぶなら、どのヨーグルトよりもプロピルがオススメ!
      ビフィズス菌を増殖させるプロピオン酸菌配合です☆


       

      << 3/26PAGES >>